CART
ユーザー
アイテム/シリーズ
■ アイテム
■ シリーズ
コンテンツ
  • ホーム
  • タオルのお手入れ〜お洗濯や干し方

タオルを長く快適に使うためのお手入れ方法〜お洗濯や干し方

How to maintain towels for comfortable touch



特別な洗剤や機器などは使わず、TRUE TOWELを
ふかふかのまま長くお使いいただくための日常のお手入れについてお伝えします。


タオルのお手入れ


◎ ご購入後

TRUE TOWELは綿本来の吸収性のある柔らかさを最大限に生かしたタオルですので、
ご使用の前に一度水洗いをしなくても最初から優れた吸水性を発揮致します。

ですが直接お肌に触れるものですので、ご使用前に一度お洗濯されることをおすすめ致します。

◎ 普段のお手入れについて

TRUE TOWELはロングパイルのタオルなので風合いと吸水性が良いのですが、
その構造上、何かに引っ掛けてパイルが伸びたり切れたりすることがあります。
そのような時は、それ以上糸がのびないように他のパイルに気を付けてハサミで切ってください。

ご使用後のタオル、濡れたまま放置すると雑菌が繁殖して、洗濯をしてもイヤなニオイが取れにくくなってしまいます。
すぐに洗濯できないときは、ハンガーに掛けて乾かしましょう。



■ お洗濯

ほんの少しだけ気を使うだけで、ふかふかなタオルに仕上がるコツをお伝えします。

□ たっぶりの水で泳がすように
□ 洗剤の量は適量を
□ すすぎは洗剤が残らないようしっかりと
□ 柔軟剤は使用しない



タオルのお洗濯

◎ たっぷりの水で

たっぷりの水の中で、泳がすように洗うことをおすすめします。
通常より多めの水量で洗う事により洗濯物が動き、汚れがしっかりと洗い流されます。
また他の衣類とこすり合わないので、繊維が傷つきにくく長くお使い頂けます。

ドラム式洗濯機では少ない水量で「たたき洗い」という洗い方なので、
タオルの繊維を寝かしてしまいやすいと言われています。
洗濯ネットに入れて洗う、水量を多めにするなどで、繊維が倒れてしまうことをある程度予防ができます。


◎ 洗剤の量

洗剤を多く入れれば入れるほど、成分をタオルに残す原因になるので適量を使いましょう。
粉末洗剤を使うときは、あらかじめぬるま湯で洗剤を溶かしておいてから使用すると
洗剤が溶けきらないで繊維に残ってしまうのを防ぐことができます。

※洗剤がタオルに残るとゴワゴワの原因になります。

◎ すすぎをしっかりと

十分にすすぎができておらず、タオルに洗剤の成分が残ってしまうことがあるので、
すすぎにも少し多めの水をつかいましょう。
また最後のすすぎでクエン酸を適量入れると、洗剤のアルカリ成分を酸が中和して
繊維が固くなるのを防ぐことができます。柔軟剤を使わずに、しっとりとした風合いに仕上がります。


◎ 柔軟剤は使用しない

タオルをふかふかにしようと柔軟剤を使用するのはむしろ逆効果。
柔軟剤は、主成分が界面活性剤であるため、綿繊維の表面が滑り易くなることから毛羽落ちを発生させる原因となります。
そのときだけはフワフワでいい匂いになるかもしれませんが、薬剤が繊維に蓄積し
次第に繊維は固くなってゴワゴワのタオルになり、残った薬剤とともに汚れも残りやすくなり悪臭の原因となります。
綿本来の吸収性のある柔らかさを長く味わうために、柔軟剤を使わないほうが無難です。

※特に初回のお洗濯で柔軟剤を多量に使用すると、パイルの撚りが破壊され毛羽が大量に発生する場合があります。



■ タオルの干し方

ふかふかなタオルには干し方にも気を使いたいところ。
気持ちの良いタオルに仕上げましょう!

□ 干すときの一手間でふわふわ感は変わる
□ 直射日光はほどほどに


タオルの干し方

◎ 干すときの一手間でふわふわ感は変わる

干す前にタオルを大きくバサバサと振ってよく風を通し、パイルを立ち上げましょう。
干す場所はなるべく日陰で風通しのいい場所を選びます。
そして乾いたらすぐに室内に取り込みます。

※干す前に乾燥機に入れ、送風でパイルに空気を送り込む工程もおすすめです。


◎ 直射日光に長時間さらすのは避ける

地表までとどく紫外線のうち、UV-Bに殺菌効果があることが知られています。
菌やウイルスの種類によってはそのDNAやRNA(リボ核酸)に作用し化学変化を起こし、
それによって菌やウィルスは自らのコピー能力を失い、不活性化し死滅するとのこと。
ただし、長時間紫外線の下にさらすことにより、綿は直射日光の強い刺激によって、
残念ながら本来の良さを失いゴワゴワの状態となってしまいます。

陽の下で干すのは1時間くらいで良いようで、また特にSUGOIシリーズはスピンエアーという中空糸を使用しているため
そのボリュームに対し乾きも早いですから、早めに取り込むことが可能です。



■ 乾燥機もおすすめです

撚った綿糸がパイル状でむき出しのタオル。
本来はとてもデリケートなもので乾燥機は避けられてきたのですが
上質な素材、丁寧な織り、手間をかけた洗い加工で作ったTRUE TOWELは乾燥機でも大丈夫。
もちろん、ホテルタオルがルーツなので。

□ 自然乾燥と乾燥機の組み合わせが最高!


タオルの干し方


◎ 自然乾燥と乾燥機の組み合わせが、少し手間ですがいいタオルに育ちます

まずは日陰干しで自然乾燥をします。
乾燥機での過度のタオルへの負担を軽減するため、自然乾燥をしたのちに乾燥機にかけます。

仕上げに乾燥機をかけることで、自然乾燥中についたホコリや余分な毛羽を落とすことにもなります。
コツは、タオルをうっすら湿った状態になるまで干したら、仕上げに15分程度乾燥機にかけます。
十分な風量で乾燥させてる事で、よりパイルが空気を含むので立ちあがり、ふわふわの仕上がりになります。
乾かしながら空気を含ませることができるので、乾燥のし過ぎも防げます。

少し手間ですが、とても気持ちの良い状態にタオルが育ちますのでおすすめです。
※高温乾燥は避け、低温〜中温に設定します。





< まとめ:タオルのお手入れ >



1.たっぷりの水で洗濯し、

2.柔軟剤は使わない、

3.直射日光を避け、風通しの良い場所で陰干し。


肌触りも滑らかでふっくらしたタオルに仕上がるお洗濯の方法と、普段のお手入れについてお伝えしました。
長く、快適におつきあいしていただければと考えています。







「手間」をかけたタオル〜 ANOTHER TRUE STORY
もう一つのSTORY

TRUE TOWELの2つのシリーズ、それぞれのコンセプト
トゥルータオル今治